比良の森日記/オーベルジュメソン<スタッフBlog>

mesonstaff.exblog.jp

オーベルジュメソンスタッフの比良の森日記

ブログトップ

お父さんのごあいさつ

ようやくの春の陽射しを受けて、
メソンの森の植物たちも目覚めはじめた
比良の森です。

春の空気がさわやかで、テラスでランチも
心地いいシーズンになりました。

先日のウエディングパーティは、
ご両家のご親族の方々が参集されて

おふたりからのご一泊旅行のプレゼント形式。

パーティでは、ご両親へのサプライズあり、
ゲスト皆様ひとりひとりからのコメントインタビューあり、

ご親族皆さんからの、おめでとう!の心が満ち溢れる
温かな時間になりました。


いつも、ブログやウエディングのホームページで
いろいろと語ってきておりますが、

ウエディングで一同に会するという機会は
人生でもめったとない貴重な時間。

お2人にとって、今までありがとう、これからも
よろしくお願いしますを伝えることが出来る瞬間。

おふたりも、この一泊2日をどんな風に過ごしてもらいたいのか
というコンセプトを明確にされて取り組んでこられました。



そんなパーティの終盤。


新郎さんの父親がゲスト皆さんへご挨拶をされる段になりました。


「本日は、遠方からもご参集頂き、本当にありがとうございました。

こうして今日の日を迎えられたのも、、、。




私、本当にこれまでずっと、仕事人間でございました。

子育ては、もっぱら、家内にまかせっきりでございまして、


こうして、


今日の日を迎えられたのも、

本当に、本当に、ひとえに

家内のお陰です!!


普段は、こんなことを言ったこともございませんが、、、。





子供たち、みな前へ集合!!!




おかあさん!


本当にここまで育ててもらって、

ありがとうございました!!」



それを聞いたおかあさま。

てっきり、ゲストの皆様へのご挨拶が行なわれると

思っておられたようで、

少し驚いた顔をされてから、


「私、4人の子供を無我夢中で育ててきました。

子育ての最中には、上手くいかないことも多くありましたが、

今は、4人だけじゃなくて、もっとでもよかったかなと

思います。本当に幸せです。ありがとう!」




おふたりにとっての結婚式は、

ご両親にとっても、節目の一日。



お父さんにとっても、この一日のこの機会が
なかったら、

お母さん、ありがとうときちんと言葉で
伝えることは、ひょっとすると、
なかったのかもしれません。

そんなお父さんのご挨拶。

ダイニングには、皆さんの拍手が鳴り止ませんでした。




スタッフ(み)
[PR]
by meson_st | 2014-04-08 16:55 | 比良の森日記