比良の森日記/オーベルジュメソン<スタッフBlog>

mesonstaff.exblog.jp

オーベルジュメソンスタッフの比良の森日記

ブログトップ
すっかり色濃い緑に覆われた比良の森です。
心地いい風が流れる森のベストシーズンの真っ只中。

さて、すでにご宿泊プランのページをご覧いただいた方は
「あれ?メニュー例が変わっている!」と
お気づきになられていると思いますが、この6月から

ディナーコースのメニューが刷新されております!
お皿も、提供する食材も、一から見直しを図りました。

派手な演出に走ることなく、かといって、
「食べたらわかる」的な、「価値を伝える努力を放棄すること」も
違うなあと思いつつ、いろいろとミーティングを重ねて、
試行錯誤で取り組んでおるところでございます。


一般的には、じゃじゃーん!どどーん!と
『6月!コースメニューがパワーアップ!!』などと
ホームページのトップページに、これでもか!という大きさの
料理写真などを掲載し、かっこいいキャッチフレーズを、
例えば「動く文字」のように組み込み、

華々しく、大々的にアピールを図りそうなところではありますが、
これは、やはり、メソンのありようではございませんね。

かといって、いかんせん、「伝えないとわからない」ことは
世の中の常。

お料理について、いかにして、伝えるべきか、の試行錯誤は続いておりまして、
そうこうしている間に、6月に突入してしまったというところが
本当なこと。(ここまで正直に書かなくてもいいのでしょうけれど、
本当を伝えることを持って、メニュー刷新をお伝えしております)

ということで、


ひっそりと、さらりとグレードアップをさせていただきました!


そこで、6月、このメニュー刷新の3つのコースのうちの、
スペシャルフルコース全7品をベーシックプラン価格で
お試しいただける特別なプランも用意しましたよ。


【6月平日限定!】
「さらに美味しく」を追求した6月からの新メニュー、
3つのコースのうちの極上スペシャルフルコースを
「ベーシックプランの価格で」ご提供する特別なプランです。

*****<スペシャルフルコースのご紹介>******
近江とフランス食材のマリアージュ。地元野菜をおいしく。
そんなメソンのスペシャルメニューです。
前菜を2皿をご用意し、本日のスープ、お魚料理、
近江牛料理または地元朽木の鹿肉お料理の全7皿のスペシャルフルコース。

大自然の恵みと人の手の細やかなハーモニーが生み出す、
地元食材を大切にした里山フレンチの美味しさがここにあります。

----------------------------------
【ある日のスペシャルフルコース 例】
----------------------------------
【アミューズ】「天然真鯛のカクテル フレンチキャビア添え」

【前菜】フォアグラのソテーベリーソース 
ラングスティーンのババロア クーリートマトソース」

【スープ】「ピーノプラートさんの無農薬野菜のスープ」

【お魚】カナダ産オマール海老のフリカッセ ポルチーニソース」

【お口直し】お口直しの生野菜

【お肉】「朽木宝牧場の特選近江牛フィレ肉のグリエ 和風ソース」
または「朽木鹿肉のグリエ バルサミコソース」 

【デザート】自家製デザートの盛り合わせ
・珈琲または紅茶
・自家製バケット

<このプランのくわしくはこちらから>

新しい3つのディナーコース、
ベーシックプランから全てのメニューが新メニューです!

みなさんのお声をお聞きしながら、
より美味しく、その美味しさを体感する森時間が
より豊かな時間になりますよう、
ブラッシュアップを続けて精進してまいります。

よろしくお願いいたします!


すたっふ(み)
[PR]
# by meson_st | 2016-06-10 13:52 | 比良の森日記
桜が咲いて春本番を迎えた比良の森です。

メソン庭の落ち葉整理をしつつ、ホームページ作業に
いそしんでおります、スタッフ(み)

かねてから、ずっと「どうしたもんかなあ」と思っている疑問があります。

インターネットが普及をして、企業、お店はのみならず、
個人でもホームページが作れて
そのウェブの世界では、「検索」をすると「答え」が表示されます。

近年ではSNSも大普及して、「教えて!」と投げかけると、
答えを寄越してくれる親切な匿名さんが出現したりもします。

「検索」をすると答えが出る。

そこでの私の(しょうーもない)疑問は、

一体どう検索したらいいのか、わからないものや
言葉に出来ない雰囲気のようなもの、
非常にあいまいなものは、どーしたら情報ゲットが出来るのでしょう、

という事なのであります。


以前、ニューヨークに行くときに、

「僕が好きそうなお店を探したい!」と思い立ちましたが、
どんな言葉(キーワード)を検索窓に入れたらいいのか思案六歩。

特別にクチコミ上位の店に興味があるわけではないし、
一流のお店に行こうという趣向も特になくて、

どちらかというと、ニューヨーカー(地元の人々)が愛する、
地元感を体感できるような「いい感じ」のお店とか、
自分の知らない「出会い」のようなところを探したくて
うずうず。



同じ疑問は、この10年ずーと思い続けております。

検索窓に「特定のキーワード」を入れないと出てこない、この不自由さ。

(インターネットの便利さも、まだまだやな、と高飛車な態度、笑)


キーワードを入れて、出てくる情報は、
それはとても「一般受け」をしたり、
「有名」なものが出てくるということを意味しておりますから、

つまり、インターネット上で「今、ここが流行ってます!」が
表示されるってこと。

<いや、別にそれを探しているわけちゃうねんなあ、、、。>


本を読むことが好きな私は、
図書館、書店に相変わらず通って
「本との偶然の出会い」を趣味にしております。

書棚を歩いていると、時折、「おい!私を読みたまえ!」と
本が呼びかけてくる瞬間があります。

僕、変ですかね。(笑)


アマゾンなんかはスピード配送で私も利用しますが、
例の「この本を買った方は、こんな本も読んでます」の
アマゾン推薦情報の、あれ。

表示をされるたび、私はよく、こう思っているのです。

<いや、別にそれを探しているわけちゃうねんなあ、、、。>


ぐだぐたついでに、もう1つ。

最近は、「夢を実現させる」「目標達成の」ノウハウが多数、書店にも
並びます。ネットにもたくさんの情報が溢れています。

僕もたくさん読みました。で、やっぱり思うわけです。

目標が「ある人」がその達成までのプロセスは、
この手順、考え方でよろしかろう。

で、そもそもだな、

私の「夢」や「目標」は、どう作るのさ!(笑)


これ、先ほどのキーワードと同じ、そもそもの疑問。

お題があったり、夢があったり、キーワードが手元に「あれば」

その後は情報が満載で、昔よりもプロセスはスムーズに
なったのだろうけれど、

一番最初の、「入り口」で、迷っている人も多いのではないかなあ。


そんな情報の探し手の立ち位置で感じる感想を胸に、

攻守入れ替わり

「情報の出し手」としてホームページを作る作業中。


メソンのホームページ、特にウエディングのサイトは、

「今一番の流行を探しているわけじゃない」方々に見ていただきたい
と想いながらページを作っているところがあるのですが、

はて、このページ、誰に届いているのかしら。。。
と製作者としては、非常に気になるわけです。


「あー、そうそう!こんなところを探してましてん!」と

見つけたときの喜びがあるページに出来るといいなあ。

そんなことを想いながら、作業は続くのであります。

スタッフ(み)
[PR]
# by meson_st | 2016-04-07 14:21 | 比良の森日記

光陰矢の如し

まもなく、春と書こうかしらと思っていたら、すっかり
暖かくなって、もはや春。と思いきや、
やはり、寒の戻りもあって、三寒四温。

比良の森では、芽吹きの準備も最終コーナーを回ってきたところでしょうか。

今年はメソンも15周年を迎える年になりました。

さて、15年前といいますと、2001年、
ちょうどまさに21世紀に入った年ですね。

どんな年であったかを検索しましたら、
----------------------------------------
2001年(平成13年)出来事

■東京ディズニーシーグランド開園
■ユニバーサル・スタジオ・ジャパン開園
■小泉内閣発足
■JR東日本/湘南新宿ライン運転開始
(※鉄道ネタ好きでご容赦ください。

■アメリカ同時多発テロ事件
■アップルコンピュータがipodを発表
(まだmacのみで、ウインドウズでも使えるようになるのは、2003年以降
---------------------------------------

なーるほど。
映画では「千と千尋の神隠し」「A.I」の年でした。

個人的に、ものすごく猛暑の夏であった記憶があります。
激動の年やったですなあ。ああ、懐かしくもあり、苦しくもあり、(苦笑)
めっちゃめちゃ、暑くてバテまくった夏でございました。

さて、さて、そんな15周年のメソン

(何が「そんな」かは置いといて、、)

改めて、駐車場のエントランスから、レストランにかけて、歩いて入ると
こんな感じになっています。


b0211579_13175991.jpg


b0211579_13182836.jpg


b0211579_13184816.jpg


b0211579_1319865.jpg


b0211579_13193119.jpg



2月のリニューアルでは、ダイニングのトイレも新しくなりました。
ライブラリの横に、場所も移動!

バタンバタンと前後に揺れる、ウエスタンスタイルのトイレ扉も懐かしい、
メソンならではの「意外性」に溢れた
スタイリッシュな仕上がりになりました。こちらはぜひとも
実際にお越しの際にご確認くださいませ。

ようやく一通りの物品移動なども落ち着き、

いよいよ、ホームページ担当の私スタッフ(み)は、
パソコンとにらめっこが始まっております。

パソコンを始めると、いつも感じるのですが、
手元でキーボードを叩いていると、頭が勝手に転がりはじめ

ああ、ここもこうすれば、

あれもああやれば、と沸き立つアイディアの数々。

しかし、アイディアの沸き立つ「スピード」はすさまじく、
手元の作業は遅遅として進まず。

そして、そんな時間を経て、作業が出来上がる頃には、
あの「沸き立つようなアイディア」達は、
すっかりとご遠方へ旅立ってしまっていて、

確かに私は天才に違いない!と確信した
素晴らしいアイディアを「ひらめいた」という「感触」だけが
光輝き、、



はて、そのアイディアとは一体なんじゃったんじゃろうか。
あー、絶対、画期的なアイディアであった「はず」なのだけど。

年を重ねて、こんな体験が、圧倒的な数量を持って増加中、、、

とほほ。

「もの忘れ、ひらめき忘れ、書き忘れ。

後悔さきに断たず。光陰矢の如し。」



めげずに、こつこつ、頑張りたいと思います。

皆さまからの、励ましのお便りは、随時受付をしております。
よろしくお願いいたします(笑)


スタッフ(み)
[PR]
# by meson_st | 2016-03-11 13:54 | 比良の森日記
あけましておめでとうございました!
2016年スタートして早や、もう月中です。

2月からのリニューアル工事、

あまり詳細をお知らせしておりませんでしたため、
一体、何がリニューアルするのか、お伝えが遅れました。


ついに、ダイニングの厨房をオープンキッチンへと
リニューアルをいたします。
それに伴い、ダイニングのトイレスペースを移動。

ライブラリの奥に、トイレを新設するという工事です。

今回も、「本館ハナレ」の増築工事で手腕を発揮していただいた
皆さんによりましての施工となります。

オープンキッチンと一言で言いましても、
いろんなスタイルがあるそうです。

メソンのダイニングのテイストに合わせて、
ご提案を頂いたのがこちら。

b0211579_129723.jpg


まるで、以前から、
「オープンでしたが、何か?」というぐらいの
違和感のなさで、なおかつ重厚感といいますか、
流行りものではない、メソンらしいイメージです。

そして、カウンター周りも、
相当スッキリさんとなる模様です。


そして、厨房のオープン化に合わせて、
打合せ中盤から、がぜんと熱を帯びた(笑)
トイレの新設。

メソンの特徴のひとつに、
意外性といいますか、ギャップといいますか、
そんなお客様のご感想があります。

まずお越しになる道中、、行き止まりの看板を越え、
森の中に導かれ、
ほ、本当にこんなところに、メソンってあるんやろか?
そして小さな看板(営業看板は、基本的に規制をされている地域なので、
看板は控えめに、控えめになっています)

駐車場にとめても、なお、
ホームページで見た建物はいずこに?という感覚に陥ります。

そして玄関を越えて、ダイニングに入ると、

え、こんなに広いんですか!
と、良くお聞きするのですが、そんな意外性のようなもの。

まさに今回の新設トイレは、その意外性のパターン。
(と、ここで言ってしまうと、意外性ではなくなる、、笑)


こんなトイレが出来ます。

女子トイレ
b0211579_1294714.jpg


男子トイレ
b0211579_1210833.jpg



ハナレの時もそうでしたが、どうしても
繁忙期を避けようと計画すると工事は2月になりました。

寒さひとしお、と思いましたが、今年、例年よりは
やや緩めの冬の気配が濃厚。

施工スタッフの皆さま、どうぞよろしくお願いいたします。


設計ご担当のラボさんブログでも、ご紹介頂いております。

ラボさんのブログから「メソン厨房リニューアル工事についての投稿」


ということで、工事の具体的な行程表は、現在同時進行で
作成されているのですが、

2月の19日頃までがダイニング全体の工事のため、
おやすみを頂き、まず厨房が完成いたします。

厨房が完成をいたしましたなら、お料理のご提供は可能。

ですので、2月20日からは、工事の影響のない、
「ログコテージ」「比良別邸」でご宿泊をお受けして、
先行営業をいたします。

この2つの客室に関しましては、2月20日以降は、
工事の音等も影響はございません、の予定です。

20日以降は、ライブラリ奥のトイレ新設工事になります。
3月3日までの予定です。

従いまして、3月3日までは、本館ハナレ、スーペリアルームは
お休みです。

営業、おやすみ、そのほか、ゴールデンウイークの受付などは
ホームページで随時情報を更新していますので、
チェックしてくださいませ。

オーベルジュメソンホームページ

スタッフ(み)
[PR]
# by meson_st | 2016-01-15 12:16 | 比良の森日記
12月です。あっという間です。(笑)
落ち葉の季節も、はや終盤に入りました。

今年の夏場は、エントランスのリニューアルがあり、
いつもお見えのリピーターのお客様から、

あれ?メソンどこ?とお電話を頂くことも少々。
前回、前々回の投稿でご紹介の通り、エントランスがリニューアル。

特におすすめは、足元を点々と照らし出す、
施工Y氏渾身の作でありますところの
エントランス小路のライトアップです。

思えば、私スタッフ(み)がメソンに来た、2011年は、
客室が3部屋でございました。

2013年に「本館ハナレ」が増えて、4客室に
それに伴い、本館ライブラリもリニューアルしました。

2014年には、もともとアメリカ人オーナー時代にはメソンであった、
山側のログコテージが、「比良別邸」客室となって「里帰り」

全5室のオーベルジュになりました。

その間にも、年月を経てご苦労を重ねたレストラン裏側デッキを
涙を呑んで、解体をしたり、営業をしながらですので、
まとまって作業もままならず、合間、合間を見ての
「小作業」を、こつこつと重ねて進んできています。

そして、2015年夏は冒頭ご紹介のエントランス工事。
その工事に合わせて、レストランの玄関も、リニューアルされました。

ランチで、リピートされるお客様からは、
「来るたびに、ちょっとづつ変わっていくやん、
ずっと、工事中ですな(笑)」とのお声も。


そして、そして、ホームページでは先日告知をあげましたが、

年が明けて、2016.2月から、ダイニング(レストラン)の厨房、トイレ
リニューアルの工事に入ります。

どんなリニューアルになるか、と言いますと、




それは、またオーナーブログに掲載される、、かも。


なので、私からは、
「お客様対応」のお知らせを。


2016.1月31日までは、通常通り営業をいたします。
毎年好評の「びわ湖バレイスキープラン」も本日サイトアップをしました。

12月18日のびわ湖バレイウインターシーズンオープン日ご利用分から、
1月31日までは全室で受付ます。
びわ湖バレイのロープウェイ往復券とリフト一日券が、
お得のプライスで組み込まれています。
もちろん夕食と朝食の2食つきです。

■びわ湖バレイスキープランのページ


そして、2月1日から19日までは、全館お休みです。
お休み期間中のご予約、お問い合わせ、ウエディング、団体さまのご見学、打合せも
全てのお客様対応がお休みになります。

メールでのご返信は、2月20日以降になりますので、ご了承ください。

レストランの工事に伴って、本館ライブラリ、2Fのスーペリアルームは、全体工事の完成予定日、
3月3日までがお休み(クローズ)です。

そして、工事に直接関らなくなる「ログコテージ」と「比良別邸」は
2月20日ご宿泊分から、<お部屋食限定>で先行営業を再開します。

先行営業期間中は、本館ライブラリがクローズしていますが、
お気に入りの本、CD、DVDをお持込いただいて、
私の大好きな、「冬の比良の森滞在」をご堪能くださいませ。

スキープランも、2月20日以降の「ログコテージ」
「比良別邸」でお受けします。


全館のリニューアルオープンは、3月4日を予定。

早春の匂いが森にただよう頃になる予定で、進行しています。

この冬は、メソンの内部充実に向けて、いろいろと文書をまとめる予定です。
(と、ここに書いて、自分にプレッシャーを、笑)

もちろん、ホームページも、リニューアル!!!

する(つもり)、いや、します!

うーんと、できればいいな。

やると思います、きっと、たぶんやります。(笑)


というわけで、この冬も、なにかとバタバタする予感が否めませんが、
頑張りたいと思います。

リニューアル工事の最新情報や、ご予約受付について
随時ホームページに更新していきます。

オーベルジュメソンホームページはこちらから


スタッフ(み)
[PR]
# by meson_st | 2015-12-01 14:50 | 比良の森日記